hair-salon: macro web site
sapporo
journal:

Info.
About macro
Schedule
Recruit
Journal
shun
momo
asuka
like
Archive
Special
Cover Art
Link
Twitter
Facebook
Entry
Mail News
Cut Model
Coupon
mobile:
site:
extract

2013.10. 2

MACRO 『ショートスタイル』ハイトーンマッシュショート

asmona01.jpg


サイドとバックのインナーを刈り上げた2ブロックショート☆
ハイトーンベージュがさらりとお肌になじみ透明感が引き立ちます。


asmona02.jpg


asmona03.jpg

2013.10. 2

お休みのおしらせ

2013・10・7(mon)より、13(sun)まで、MACRO旅活動によりお休みさせていただきます。
お店は通常通り営業しております。

14日、体育の日より出勤いたします。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします!!

2013.10.16

MACRO旅活part3 瀬戸内国際芸術祭 01

ただいまーーーーーーっっ!!
というわけで皆様、お休み中ご迷惑をおかけいたしました。
ご来店してくださった方、お休み明けを待っていてくださった方、
本当にありがとうございます。
今回からどどどーっと旅の記録をUPしていこうと思います。
瀬戸の島々はどこもフォトジェニックな素敵なところばかりで、山のような写真枚数になってしまいました。。お時間の許す限り、そして気長におつきあいいただければ、、と思います☆
では早速1日目から。。

seto01.jpg


高松に上陸しました。高松的な部分がなにもうつっていませんが、一応駅前にて、です。


seto02.jpg


ホテルに荷物を預けてすぐ、さぬきうどんをぺろりたいらげ、今回最初の目的地、女木島(通称 鬼が島)へむかいます。


seto03.jpg


この日は28℃!!私たちにとっては真夏の体感気温です。


seto04.jpg


フェリーの名前はめおん号。オリジナルグッズもたくさんみかけました。きれいな朱色が印象的。


seto05.jpg


ジャックとローズ。


seto06.jpg


女木港につくとすぐに作品がお出迎え。『木村崇人 カモメの駐車場』


seto07.jpg


風がふくといっせいに方向が変わるこの作品。群れで動くかもめの習性を視覚化したもの。
ついたぁーー!って感じでフェリー上からみえてきて、嬉しかったです。


seto08.jpg


消火栓。この先の他の島でもよくみかけました。かわいくて撮影。


seto10.jpg


鬼が大の苦手のkiki。テンション落ちてます。。


9.jpg


こんなかわいい壁画も!鬼さん弱そう。


seto11.jpg


『行武治美 均衡』改修した納屋の中に1万個以上の手作業で削りだしたミラーガラスが張り巡らされた空間。風で揺れるたびきらきらと幻想的な光につつまれうっとり。。
暗闇だったため、ピンぼけですみません。


seto12.jpg


島の風景。時がとまってしまったようにのどかで、蒸し暑い。


seto13.jpg


『大竹伸朗 女根』


seto14.jpg


休校中の女木小学校の中庭に、どん!と大きなヤシがブイの上にそびえ立ち、周りには大竹作品の特徴的なタイルや動物のオブジェ、そしてアデニウムやトックリランなどのこれまた巨大な植物と、風景とが一体化してなんとも圧巻な風景が展開されていました。
ガイドブックとのイメージの違いに驚きbutバス時間ぎりぎり!!もう少しみていたかった。。


seto15.jpg


人間とくらべると、そのスケールをおわかりいただけますでしょうか。。


seto16.jpg


バスへと急ぐ道中、ほされていた落花生


seto17.jpg


あちらこちらに勢い良く咲いている花たち。


seto18.jpg


もうすでに、瀬戸内の魅力に飲み込まれそう!!
とバスに乗り、鬼が島大洞窟へ向かいます。。

2013.10.18

MACRO旅活part3 瀬戸内国際芸術祭 02

お次は鬼が島大洞窟へ!


seto201.jpg


こちらの鬼の館からでているバスで山の上の洞窟へ向かいます。。


seto209.jpg


洞窟に到着!!暗いしこれは子供にはきついか。。。と思いつつも中へ。。
この先にも作品が設置されているのです。


seto214.jpg


seto215.jpg


『フィリップ・アルタス カタツムリの軌跡』その名の通り、カタツムリの移動した跡がこんな風に。こんななみなみ移動しているんですね〜。。


seto213.jpg


うぎゃーーーーっ!!!これは迫力がありました。
『オニノコ 瓦プロジェクト』なんと香川県内の中学生たちが作ったのだそう。
なかには面白い表情の鬼もいるのですが、数の多さに圧倒されてぞわっとしました。


seto210.jpg


カメラをむけると笑顔を作ろうとするのですがあまりの恐怖に半泣きのkiki。
と、やっさん。。


seto211.jpg


出口でお見送りしてくれた鬼さんたち。このニコニコフェイスにkikiもようやく安堵の表情。


seto202.jpg


そとにでるとさらに山道が続きます。この先には展望台があるそうで、


seto203.jpg


海と山のコラボ!さけびたくなる気持ちよさ。


seto216.jpg


恐怖感に見事勝利したkikiのために記念写真。


seto204.jpg


気分はももたろさん!
とかやっている間に最終バスの時間!!!!乗り遅れたら帰りの船にものれません。


seto206.jpg


無事女木港につきホッと一息。。港にたたずむモアイさん。哀愁ただよってますね。


seto207.jpg


めおん2で高松に戻ります。所要時間20分。


seto208.jpg


さよなら鬼さん!!また会えるかな。

2013.10.30

MACRO旅活part3 瀬戸内国際芸術祭 03 -男木島の風景-

setogi01.jpg


2日目は朝1のフェリーで男木島へ!!
前日に引き続く早起きもなんのその!皆まだ元気いっぱい。


setogi02.jpg


フェリーからみた高松港はこんな風。


setogi03.jpg


台風接近でくもり&強風のなか船上の風を楽しむkiki。ルンルンです。




ki写3連発!!!


setogi04.jpg


setogi05.jpg


setogi06.jpg


おっ、男木島が見えてきましたよ♪


setogi07.jpg


陸に接続するこの部分がガーっと下がるときがたまらなくわくわく。
奥に『ジャウメ・プレンサ 男木島の魂』がみえています。


setogi09.jpg


ついたーーー!!島に渡ると至るところに神社が。


setogi08.jpg


国際芸術祭では、作品鑑賞の前にスタンプを押します。
新潟の旅を思い出す。。


setogi10.jpg


『矢野恵利子 あたりまえと当たり前と』
港のすぐ横にあり休憩所みたいになっていたのですがチカラ不足でいまいち良く撮れずこの1枚のみ。。素敵だったんですが。涙


setogi11.jpg


いよいよ島の道へ踏み込みます。入ってすぐから急勾配。坂、坂、さか。。。


setogi12.jpg


平になった!!と思ったら細道&冊がない!!


setogi13.jpg


こんなところも☆猫さんたちまったり。


setogi14.jpg


そして神社の階段をのぼり振り返るとこんな景色が☆


setogi15.jpg


猫さん遭遇のたびにそれはそれは嬉しそうにたわむれる猫好きお2人。
男木島はほんとに猫が多かった。


setogi16.jpg


井戸端会議ならぬ道端会議。こちらも何組か見かけては癒されました。。


setogi17.jpg


こんにちはーーー!!って手を振ったら、「わ!わたし??!」ってにっこり振りかえしてくれました♡
慌てて撮ったのでピンぼけすいません。。

つ づ く

Profile



川本明日香/kappe

1981年9月18日生まれ O型 札幌市南区出身
趣味は体を動かすこと、物を作ること、植物を育てること。

more...

Search